マクドナルド バイト 体験談

マクドナルドのバイト体験談|バイトに支えられている職場がマック

俺は高校に入ったら、バイクを買いたいと思っていた。
で、そのためにマックでバイトすることにしたんだ。

 

実際にバイトした感想をいえば
「忙しい」の一言だったね。

 

俺はカウンター希望だったので、厨房のことはよく知らないけど、
クルーの話を聞く限り、同じようなもんだ。

 

ちなみに厨房希望なら、
面接の時にそれを言えば通ることが多いと思う。

 

マックはバイトで成り立っている店だが、
色々な理由から辞めていく人が多い。
だから、カウンターにしても厨房にしても、募集していることが多いんだ。

 

仕事については、
クルートレーナーっていう人(この人もアルバイト)がいて、
詳しく教えてくれるから、経験があるかないかは関係ないね。

 

俺はカウンターだったから、商品のことはもちろん、
あいさつや言葉遣い、レジの使い方や接客の仕方まで、
なんでも丁寧に(厳しく?)指導してもらった。

 

ある程度仕事ができるようになると、シフトがバンバン入るので、
稼ぎたかった俺の場合、好都合だったな。

 

さて、肝心の忙しさだが、
例えば土日の昼のランチタイムなどは、地獄を見るよう気分だね。

 

俺のいた店はドライブスルーもあったんだけど、
次から次へとひっきりなしに車がやってくる。
ため息をつく暇もないほどの忙しさなんだ。

 

だからマックでバイトするなら、
相当の覚悟をしておかないと、すぐに嫌になると思うよ。

 

あ、それからこれは参考だけど、
マクドナルドはアルバイトで成り立っている職場なんだ。
店長と社員さんはいてもいなくても、大して影響ないね。

 

社員と同じような仕事をするアルバイトをマネージャーっていうんだけど、
マネージャーは本当に良い人ばかり。
それにおっちゃんやおばちゃん(もちろん、バイト)も良い人だらけだ。

 

社員さんがバイトのことをあまりにもひどく扱っていた時なんか、
おっちゃんが文句を言ってくれたこともあった。

 

おっちゃんやおばちゃんは、細かいことでも褒めてくれるし、
上手くできないでいると、コツを教えてくれる。

 

仕事以外の相談にも乗ってくれるし、
やっぱり人生経験が豊富な人の話は説得力があるからね。

 

話が逸れたけど、マックのバイトを考えているなら、
忙しいことだけは覚悟して欲しいな。
でも、それ以上に良いことがあるぜ。