マクドナルド バイト 体験談

マクドナルドのバイト体験談|マクドナルドで接客の基本を学んだ!

私が初めてやったアルバイトがマクドナルドでした。
初めての仕事ということもあるかもしれませんが、
他の飲食で働く友達の話などを聞く限り、マックは忙しいです。

 

というか、暇になる時間がありません。
やるべきことが山のようにあるからです。

 

仕事自体は、覚えるまでは大変ですが、
マニュアルがきちんとありますし、指導してくれるので、
時間とともに慣れていきます。

 

全体が分かってくると、後はその繰り返しなので、
そこだけを見れば、楽な仕事と言えるかもしれません。
ところが実際はすごくハードです。

 

私の一日を紹介すると、こんな感じです。
まず店に到着すると、制服に着替えます。
ちなみに制服は自分で洗濯することになっています。

 

私の担当はレジなので、着替えが済むとレジに向かいます。
注文を聞き、お金をいただいた後、商品をそろえるのがメインの仕事。

 

飲み物を用意し、ストロー、ナゲットのソースなどの細かいものを
漏れのないように注意しながら、トレーなどに並べていきます。

 

その間に調理がフードを作ってくれているので、
出来上がったらそれを取りに行き、お客様にお渡しします。
基本はこれだけなのですが、実際の仕事はさまざまです。

 

レジが空いた時は、席を見に行きます。
テーブルをふいたり、椅子を直したり、
床が汚れていれば、それをふいたりといった作業をします。

 

また、ゴミ箱がいっぱいになっていれば、ゴミをまとめゴミ箱の袋を変えます。
ナプキンが減っていれば補充しなければなりません。

 

入口ドアの掃除も大事な仕事です。
入り口はお客様を迎える場所ですから、常に綺麗にしておく必要があります。

 

ですから、小さな子供達がドアにべっとり手をつけて入って来たりすると、
すぐに飛んで行って、ドアをきれいにふき上げます。

 

そんなことをしていると、あっと言う間に時間が過ぎ去ります。
特に土日はお客様が途切れることがなく、気が休まる暇がありません。

 

大変な仕事ですが、やっていて良かったと思うのは、
あいさつや言葉遣いなど、接客の基本ときちんと学べることです。

 

今までそういったことをちゃんと勉強したことがなかったので、
いい勉強をさせてもらっていると思います。