マクドナルド バイト 体験談

マクドナルドのバイト体験談|きついけど得るものも多いマックのバイト

少し前になりますが、マクドナルドでバイトをしていた時期があります。
厨房で調理を担当していました。

 

一言でいってマックのバイトはきつがったです。
色々とルールがあるし、体力も結構使います。

 

それに覚えることがものすごく多い。
新商品が次々に出ますからね。
その略語まで覚える必要があるんです。

 

例えばハンバーガーはHB(バーガー)、
ダブルチーズバーガーはDC(ダブチ)ですし、
ナゲットはNGT(ナゲ)、みたいな感じです。

 

でも、得るものもたくさんありました。
それに同年代がたくさんいたので、多くの仲間を作ることができました。
僕にとっては良い経験となったように思います。

 

 

マックは間違いなく最悪のバイトの一つでしょう

 

 

大学生の一時期、マクドナルドでバイトをしていました。
私は地方に住んでいたため、そもそもあまりバイトの募集がありません。
そこで仕方なくマックにしたのですが、それが失敗の元でした。

 

まず、働いているメンバーが最悪レベルです。
マックではアルバイトをクルーと呼びますが、高校生クルーが多いせいか、
あらゆる面で未熟なんです。

 

加えて、社員のレベルも高くないように思いました。
とにかくすぐにキレます。

 

まだ右も左も分からない頃でも、
ちょっとしたミスに対し、感情むき出しで怒られました。

 

ファーストフードが好きな人はキレやすいと聞いたことがありますが、
あれはきっと本当でしょうね。

 

客の質もひどいです。
訳の分からないようなクレームを平気で言ってきます。
他チェーンのメニューを頼んでおいて、無いと分かると怒りだしたり。

 

一度、持ち帰りのお客さんのピクルスを抜いてくれという希望を間違えて、
ピクルスを入れてしまったことがあったんです。

 

そしたら、客から電話がかかって来て、
「すぐに持って来い」です。

 

間違えたのは店の責任ですが、
あの程度の金額の商品に対し、過剰要求ではないか、
と感じるのは、私だけでしょうか。

 

ちなみに、客のところに商品を持っていくことは
けっこうありましたね。

 

店内で大声を出したり暴れたりする客もいます。
その後もいくつかのバイトをしましたが、
客層が一番ひどかったように思います。

 

そんな環境なので、精神面に自信のない人は
止めた方がいいでしょうね、マックは。